So-net無料ブログ作成
検索選択

攻撃効果で120%、防御面では63%の向上

あれ、もしかして五月も後半ですか?

……。

 嘘だといってよ、バーニィ!

 

忘れたころに更新です。

というかblogの存在をたまに忘れます。
忙しいです、心を亡くしてます。

巷は何でしょう、ダ・ヴィンチ・コードとかで盛り上がってるんですか?

レオナルドダ・ヴィンチは好きだけど、この作品には何か惹かれないのですよ。
たぶん、自分が天邪鬼なだけなんでしょうが。
ほとぼりが冷めたら観るなり、読むなりするかも。

むしろ最近は、

ウルトラヴァイオレット

が楽しみで仕方ありません。

香水の名前じゃなく。

映画です。

6月公開の近未来なアクション映画。

何故楽しみかといえば、

監督がカート・ウィマーで、主演女優はミラ・ジョヴォヴィッチだから。

もっとわかりやすく言うなら、

GUN=KATAジャンヌ・ダルクだから(余計わかりませんよ?)


ガン=カタ

一部で熱狂的に流行りました。
西洋のを東洋のに組み合わせた驚異の戦闘技術。
掻い摘んで言うと、銃撃戦を確立統計学的分析で二挺拳銃の接近戦は敵を千切っては殴り、千切っては殴り。
あれ、日本語が変だ?

何のことだかさっぱりですが、とりあえずカート・ウイマー監督作品『リベリオン』を、借りてみればいいと思います。
投げやりですいません。
でも、百聞は一見にしかずと昔の人も言ってるとです。
戦闘シーンは涎モノです、私的にラストバトルが。
主演したクリスチャン・ベールは最近バットマンになりました。
すごいです。

ジャンヌ・ダルク
遡ること数年前、ジャンヌ・ダルクのジャの字くらいしか知らなかった少年が、何故かハマッた映画。
今思えば、馬上で旗を振るジャンヌ・ダルク役のミラ・ジョヴォヴィッチに惚れたんだろうなぁ。
下手に凝り性な少年は、その後もジャンヌ・ダルクと百年戦争の時代に傾倒していくわけですが、
それはまた別の話。そもそも、自分、フランス人じゃないのに。めるしー、めるしー。

 

どちらも多感な時期に多大な影響を及ぼし、私の心を鷲掴み。

掴んで離さないというか、咀嚼して消化して同化。

血肉が沸き踊らないわけがありません。

もう、いやっほー。

予告編を観ましたけど、やっぱり期待大。蝶、期待大。


しかし、
片膝をつきながら銃を持った両手を翼のように広げて撃つ様はなんであんなに素敵なんでしょう。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。