So-net無料ブログ作成
検索選択

百聞は一見にしかず、百見は一触にしかず [日々記]

侮っていました。
えぇ、本当。まさか、これほどのものだったなんて……。

フライングディスクシステムがどうなってるかはわかりませんが、
PSP「プレイステーション・ポータブル」 メタリックブルー 

 

我が家にPSPメタリックブルーが配備されました。
今年中に買えてるじゃないか、やったぞ、私。
なんか色々自分で自分の首を絞めてる気がしないでもないけど、やったぞ、私。
そんでもちろん、 メタルギアソリッド ポータブル オプス も同時購入ですよ。
PSPを買い控えていたのは、ソニーの初期不良への対応と魅力的なソフトがなかったからなんですが。
どちらのハードルも今の自分の中ではクリアなのです。


で、面白いです、PSPとMPO。
PSPなんてあまり触ったこともないものだから心配してたんですけど、そんな不安もなんのその。
画質はPS2にはいかなくとも、苦にならないし、携帯でやる分には十分過ぎるくらい。なにより画面が大きいのはいいこと。
ポテンシャルも明らかにDSを超え。
蒼い人が以前言っていた「DSより可能性は無限大」という意味を理解ですのことよ。
でもまぁ確かに、動画再生とか音楽再生はゲームだけやるならいらないものではあるかも。

MPOは中毒性がありすぎです。メタルギアシリーズをやった人なら買いなのは間違いない。
PSPらしい操作性も慣れればしっくりきます。
仲間を集める新しいシステムがかなり好感触。
敵兵一人一人、個性があるのがまたニクい。
はじめたばかりなので、まずはこんなもので。
PSPにおけるキラーソフトにならないかなー。


もうとっくに出てるジャンヌ・ダルクエースコンバットX スカイズ・オブ・デセプション や、
先ごろ発表された
FINAL FANTASY TACTICS 獅子戦争etc,etc
来年はPSPの時代がきそうな予感、自分限定で。


動かなければ生き残れない [日々記]

近況
PC再セットアップ
部屋大掃除
鍋祭り
山登り
バイト・卒論年末進行中ー


とりあえず生存報告。
まとまった時間取れるようになったら、まともに書きます。

……年末年始出勤決定ですががが。


ぴーえすぴー [日々記]

世間では、PS3とかWiiで盛り上がる年末商戦な時期が近づいて参りました。

今年もあと一ヶ月弱で終わりなわけですが、特に実感はなかったり。

でも物欲はある。

そんな私の年末欲しいものラインナップ。


ジャンヌ・ダルク

ジャンヌ・ダルク


http://www.jp.playstation.com/scej/title/jeanne/

先日、ようやっとこのゲームの存在に気づきました。
遅すぎです、出遅れです、でもジャンヌダルクの時代は好きです、なら買うしかないじゃないか。
そんな感じで。

シミュレーションRPGなんて久々な気がします。
ちょっと公式をのぞいてみましたけど、かなりよさげです。
戦闘等のシステム周りは詳しくないんでなんともいえませんが、楽しそう。

シナリオにも期待大です。
魔物や獣人が出てきて、いかにもファンタジーな世界観。
ここにジャンヌ・ダルクをはじめとした史実をどう絡めるのか。
ジャンヌ・ダルクの最期といったらあまりにも有名なわけですが、
ゲームではどういう展開になるんでしょう。

で、ラ・イールやジル・ド・レはいるのにどうしてピエールはいないんですか?

……でませんか、そうですか。


メタル ギア ソリッド ポータブル オプス

メタル ギア ソリッド ポータブル オプス

  • 出版社/メーカー: コナミデジタルエンタテインメント
  • 発売日: 2006/12/21
  • メディア: ビデオゲーム

http://www.konami.jp/kojima_pro/

かの有名なかくれんぼゲーム(失礼)の最新作。
スリルに満ちた潜入と、練りこまれたドラマが今度は手のひらサイズで。

なんか斬新なことが出来るみたいです。
無線LAN機能で仲間を集め、自分だけの部隊(FOXHOUND)を編成とか。

ストーリもこれまたどうなることやら。
3が傑作だっただけに、ワクワクが止まりません。


しかし、どっちもプラットフォームがPSPなんですよね。
だから必然的に……。
PSP 「プレイステーション・ポータブル」 

購入せざるを得ないわけですよ。
現行のPS2より高いですよ。
PS2だって欲しいですよ。

 

……。

今年中に手に入っている気がしません。


その、あの、宇宙怪獣がですね…… [日々記]

 

先日、我が家に、

超合金魂 GX-34 ガンバスター
が配備されました。

これで宇宙怪獣がきてもへっちゃらだねッ。

……。

しばらく、米と味噌と梅干の多い素敵な食卓になりそうです。


自分、スパロボとかで染められる前は、ガンバスターのことザクの親戚だと思ってました。

アレです、モノアイならみんなザク。

厳密にはモノアイじゃないっぽいですが、ガンバスター。


しかし、このガンバスター一機でPS2が買えちゃうわけですよ。

実は今、ゲーム機本体が手元になくて積みゲーや中途半端になってるソフトが結構あるのです。


若干余裕が出てきたのでPS2を買って消化しようと思ったら、

夏に予約していたガンバスターが来てしまわれたわけですね、はい。


嗚呼、無計画。

でも、物欲は満たされた、そんな日々。


いのちだいじに [日々記]

生きてました

便りがないのはよい便り、そんな詭弁。



友達に誘われてゲド戦記を見てきました。
アレな評判よりは楽しめたような気がしないでもない(自己暗示)
というか、金払って見るのに最初からツマランと構えてみるとやはりつまらなくなるわけで。
途中から、ボーっと何も考えずに見てました。


風景とか、竜とか、風景とか、竜とかは素敵でした。
でも、内容が何というか。
自分の理解力がないのか、未消化な感じ。
そこでそうなるのは絵図的にはいいけど、どうなの?そんなところが結構。
原作読んでないんでアレコレ言えないですが。


あー、でもアレンの顔がシンジ君になるのはどうかと思う。


真昼間の雷 [日々記]

ピッチャー振りかぶって……、門倉です。
ベイスターズの門倉投手とはまったく関係のない門倉です。
甲子園球児たちの輝く姿が目に眩しくて思わず目をそらしたくなる門倉です。
あんな時代が、ぼくにもありました。



世間はもうお盆休みですね。
お盆休みにつきものと言えば、帰省ラッシュ渋滞
そんな様子を横目に烏龍茶をいただく私。
からんからん。
氷なんか鳴らしてほくそえむ姿は、まさに外道。


でも、家に帰るのはいいもんです。
なによりお盆といったら、ご先祖様をまじえての一家団欒、彼岸の彼方からおかえりなさいませ。
自分の場合、今年のお盆は帰れそうもないんで心苦しいんですが。
帰ったときしっかりお墓参りしよう、うん。


あー、そういえば今日はペルセウス座流星群が極大らしいです。
月明かりがあるし、曇ってるし、見れるかどうか。
でも三大流星群が一つ。
今日見れなくても20日くらいまでなら見れそうなんで気長に。


国産が……食べたいです [日々記]

暑ッ。

温いと思ったら暑くなりました。
うん、これぞ夏。どうしようもなく夏。

部屋を丸ごと冷凍庫に入れたら幸せな気分になれそうです。5分くらい。


そういえば、明日は鰻がたくさん天に召される日ですね。

今日辺りからすでに煙と一緒に天へと昇っているんでしょうが。

そんな土曜土用丑の日の前日。

食べられない僻みじゃないよ?

ほ、ほんとだってばッ。


栄養補給、栄養補給 [日々記]

温ッ。

暑いではなく、温いの領域です。

この温さを冬に持っていきたい。
そして冬の寒さをここにカモンッ。

……。

夏だなぁ。


梅雨が長引いてます。
晴耕雨読じゃないですけど、最近は読書三昧の日々です。

貪るように活字を読んでます。

おいしい、おいしい。

ただ、若干SF方面に偏食気味なあたり現実逃避っぽいです。

帰って来い、自分。

いや、むしろ星屑の記憶になってしまえ。


緑の海で飛ぶ人 [日々記]

FIFAワールドカップドイツ大会

終わってしまいましたね。

イタリアの優勝。

ちょっと予想外というか。
や、自分の場合は最初からドイツ至上主義なので、予想も何もなかったんですが。

そんなドイツは三位。

うん、大会前の評価をぶち壊してくれてよかった、よかった。

試合をするたびに、尻上がりで調子を上げてくるドイツ代表の試合は、どれもこれも面白かったです。

クリンスマン監督の得点が絡んだときのリアクションとか素敵だったなぁ。
喜びすぎ、落ち込みすぎ、跳ねすぎ、そんな感じで。


クローゼも得点王。
やたっ。

若手の成長も見られたし、四年後は優勝を見たいですよ。


でも、カーンは代表引退なんですよね。

三位決定戦の時のカーンの姿、しかと瞼に焼き付けました。

闘志を燃焼する男、ゲルマン魂の継承者。

選手生活、私生活と色々ゴタゴタがあったけれど、最後の最後、有終の美を飾った彼の姿は、

どこまでも勇壮で、満足そうでした。

何かに全力で取り組み、燃やし尽くす。

そこに残るのはきっと消し炭ではない、あらたな火種なのかもしれません。


自分はどうなのかなぁ。

充実感を久しく味わっていない気がします。

端的な満足感はあるでしょうけど。

あー、くすぶってる、くすぶってる。


でも、ちょっとだけ風が吹いた気がします。


スカッと…… [日々記]

 

……。

 

国立科学博物館さん。

その姿勢はすばらしいと思います。

心に残ります。

むしろ、清々しいです。

でも発想が斬新過ぎだと思います。

ナスカ……、NA・SU・KA?茄子歌?なーすか、ナー、スカッ!なぁ、スカッと!

逆に考え付きません。

 

というわけで先日、上野公園の国立科学博物館へと行ってまいりました。

目当ては写真の、

特別展「世界遺産 ナスカ展-地上絵の創造者たち」
Nasca, Wonder of the World Messages Etched on the Desert Floor

 

写真はともかくとして。

ナスカの地上絵といえば、すこぶる有名ですけど、
実際にそれを作った人たちのことはあまり知られていないような気がします。

紀元前100年から紀元700年ごろまで栄えたナスカ文化。

地上絵を描いた人たちはどんな生活を営み、どんなものを遺したのか。

この特別展ではそこら辺を観ることが出来ます。

なんか、地上絵のコーナーはオマケ的な感じでした。

いや、それでもすごいとは思いますが。


むしろ、ナスカの人たちの文化だけでおなか一杯でした。

土器とか意外にファンシーだったり、敵の首を刎ねたやつを儀式に使っていたり。


ぬあー、実際にナスカ、行ってみたいなぁ。

夢、夢。ドリーム


そういえば地上絵にふくろう男なんてあったんですが。
何かみたことあるなぁと思ったら、ドラえもんの道具のフクロマンスーツだ。
うん、たぶん、きっと。


W杯

2006FIFAワールドカップ始まりましたね。

自分は開幕戦でドイツが勝ってくれて満足です。

やっぱりクローゼですよ、クローゼ。

4年前にヘディングで魅せてくれた男。

今じゃブンデスリーガーの得点王です。

それにカーン、オリバー・カーン。

SGGK(すーぱー・げるまん・ごーる・きーぱー)の称号はこの人にふさわしいと思います。私的に。

今回控えですが試合、出ないかな。

何か次の試合出るとか出ないとか言ってたんで期待です。


日本は、どうでしょう。

厳しい、よなぁ。

クロアチアとブラジルの試合を観ましたけど、こりゃちょっとマズイ。

クロアチアはやっぱり出来る子ですよ、けっこうブラジルを脅かしてましたよ。

 

そんな寝不足な朝。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。