So-net無料ブログ作成
検索選択

発火 [本棚]

自宅近辺の最高気温26.8度、7月上旬並みって……。
4月末でこの暑さとは。
これは8月頃には外気温60度越えも夢じゃないですね(無理です


今日は久々に「私の本棚」晒しです。
や、2年放置ってどんだけだよ、自分。

今回は冲方丁氏のマルドゥック・スクランブルをば。




<あらすじ>
賭博師シェルの罠によって少女娼婦バロットは爆炎の中で燃え尽きようとしていた。瀕死の彼女を救ったのは、緊急事態において禁じられた科学技術の使用が許可される法令「スクランブル-09」、ドクターと称する男、そして意思を持つネズミ型万能道具存在のウフコック。事件屋と呼ばれるドクターとウフコックと共にバロットは自分を罠にかけたシェルを追う。しかし、彼女たちの前に立ちはだかったのは、シェルに雇われた同じく事件屋のボイルド。その男はかつてウフコックを濫用し、破壊の限りをつくした男だった……。

世の中には、なんとなく読もうと思っても手が伸びなかったりするものがあるものです。
マルドゥック・スクランブルもそんな本の一つ。
大抵、そういう本は読んだ後にもっと早く読んでおけばよかった、とかなるわけで。
案の定なりました。
ページをめくる手が止まらなかったです。

物語の冒頭にどん底へたたき落とされた主人公バロットが、ウフコックという存在と共に光に向かって進んでいく。
この過程にスピーディーな戦闘描写と幾重にも編まれたカジノシーンが、恐ろしいほどの巧妙さで絡みます。

ネット上で聞きかじっていた通りカジノシーンの描写がとにかく秀逸。
ルーレットにブラックジャックといったおなじみのゲームが、ほぼ小説一巻分に渡り描かれます。
もう、すげぇの一言。
意志と意志が、ボールを通して、カードを通してぶつかります。
あぁ、もう、カジノに行きたくなる(そしていいように店側から搾取されるんですね、わかります。

戦闘描写も素敵です。特に出てくる敵の連中が。
エグさ満点の変態集団とか重力制御で天井を歩けるボイルドとか。
そんな連中と対等に渡り合うまでに成長するバロットの描写も見ものです。
そうそう、万能道具存在ウフコックは、聞きかじったイメージだと4次元ポケットだったけど割とそんな感じで安心(何が

これでもかというくらい本の端から端まで著者の魂が見えました。
ほんと、ナウ・ヒア。今ここにいる。
大変刺激的な作品でした。


続編のマルドゥック・ヴェロシティについてはまた後日。


オレンジ物体K [本棚]

とりっく・おあ・とりーと。

お菓子ください、さもなくばいたずらします。

……。

よく考えるとうちの地方にそんな習慣ありません。
どうも門倉です。


なんか本格的に更新しなくなってきました。
余裕がないようなあるような。

むしろ忙しいほうが更新意欲がわくという現実逃避。
素敵過ぎて自分にフラッシュピストンマッハパンチを食らわせてやりたい。


というわけで現在、絶賛限界突破中です。
更新時間が午前5時前とかありえねーです。

これから更に過酷なツケを払いに行ってきます。
何事も早め早めにが肝心ですよね。
そんな卒業論文。



ハロウィンだけに。

Pumpkin Scissors 1 (1)

Pumpkin Scissors 1 (1)


だってほら、南瓜ですもん。

 


本棚って趣味が丸わかりな気がする [本棚]

人生、のっぴきならないこともあるもんです(挨拶

また日が開いてしまってなんだかなーって感じです。
そのうち、日記が週記になって月記になって年記になって。

……。

日記にすらなっていない人が心配することじゃないことに気がついた件について。

どうでもいいはなしですね。

どうでもいいついでに、blog更新意欲向上企画を提案してみます。

題して、

『私の本棚2006 ~8段本棚から何かをこめて~』

うん、普通。

普通がゆえに、脳内元老院をあっさり通過。

この提案は成立しました。

善は急げ、今日から開始です。

あ、ちなみに不定期ですから。

もう、最初から逃げ腰ですから。

 


私の本棚2006 ~8段本棚から何かをこめて~ 

記念すべき一冊目は、まだ本棚にも入っていない読みたてほやほやのコチラ。

海を見る人

海を見る人

 

収録作
時計の中のレンズ」
「独裁者の掟」
「天獄と地国」
キャッシュ
「母と子と渦を旋る冒険」
「海を見る人」
「門」

「どっちが先についても、あの席で待ってることにしない?冒険談を聞かせてあげるわ。
その代わり、苺ミルフィーユくらいは奢ってよね」
                                              「門」   
かの有名なSF作家アーサー・C・クラークは、
「十分に発達した科学技術は魔法と区別がつかない」と言ったそうです。

この本は、SFの短編集なんですが、なるほど、確かにそうかもしれない。
ジャンル的にはハードSF。

降着円盤、亜光速、波動関数。
聞き慣れない、聞いたことはあるけどよくわからない単語がそこかしこに散りばめられ、
生かされた設定のもとに、物語は紡がれます。
だから、浅学な自分なんかは設定を理解しようとして頭が混乱することも多々。
(無論、理解できてません

でも、ファンタジーなんです。
あるいはおとぎ話、なのかもしれません。

遠い時代のおとぎ話。

描かれる人々はどうしようもなく人間的で、どうしようもなく切ない。

オススメは表題作「海を見る人」と「独裁者の掟」、そして、「門」
恋の残滓を抱きながら老人は海を見続け、

冷徹な独裁者はあらゆるものを排除してでも行うべきと思ったことを行い、

門に挑んだ二人は叶うとも知れぬ約束を交わします。


全体として「ほしのこえ」The voices of a distant star のようなものが好きな人なら、
読んで損はないかと。

自分に、物理と数学の知識がもっとあれば違った見方が出来たかもしれませんが、
そんな難しいのを読み飛ばしても物語は楽しめてしまうところがまた、よいのです。

短編ですから、一つ一つの話は短く、あるいは中途半端かもしれない。
でも、その先に広がる物語を夢想できるのは幸せなことです。


ちなみに作者さん、ホラーな分野で大活躍の人だったんですね。
確かに『玩具修理人』とかは面白いと聞いてましたけど、まさかこの人だったとは。
そのうち手を出して痛い目みようか。


 
たまたま本屋で見つけたら大当たりの本でした。
こういう偶然があるから、本屋ってのはいいものです(リンク先はAmazonですが)
その場の直感と、紙媒体でパラパラ捲って立ち読みは、大事だと思うんです。
や、ハズレっぽいのもよくありますけど。

 
こんな風に雑感のようなものを書いてみたいと思います。

何かがココを読んでくれている人の本棚に入ってくれたなら……。

べ、別に本屋とか出版社の回し者じゃないんだから勘違いしないでよねッ。しないでください。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。